プロバイオティクスの効用

ヨーグルトなどのプロバイオティクスを摂ると、
腸内の善玉菌であるビフィズス菌を増やし、
ウェルシュ菌などの悪玉菌の増殖を抑え、
腸内細菌のバランスを整えて腸内環境を改善します。

糞便中の腐敗産物が減少し、便臭も少なくなります。

腸内に棲みついているビフィズス菌がつくり出す乳酸や酢酸が腸を刺激して、
腸の蠕動をさかんにするので、便秘の解消にすぐれた効果を発揮し、
このことは大腸癌や乳癌の予防にも有効です。

プロバイオティクスには、上記以外にも様々な効能があります。


ただし、外から摂り入れられた乳酸菌は、
たとえ腸内乳酸菌グループの菌でも、
すでに棲みついている常在ビフィズス菌に打ち勝って繁殖することはできないため、
プロバイオテクスの作用は、必ずしも乳酸菌が腸内で繁殖した結果ではありません。


そのようなわけで、今大注目のプロバイオティクスなのですが、
私は個人的には、
腸内細菌の餌になるといわれるプレバイオティクスに大きな興味を引かれております。
 ↓↓↓
TV・雑誌出演のスペシャリストがイチオシ!

☆★天然美通★☆

大豆発行熟成エキス!菌活!

 ↓↓今すぐ菌活はじめちゃおう!↓↓







健康食品・サプリメント ブログランキングへ
↑↑↑
クリックよろしくお願いいたします。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント