オリゴ糖と食物繊維の効用

オリゴ糖の効用

オリゴ糖の効用特定保健用食品として市販されているオリゴ糖は、
砂糖、牛乳、大豆、てんさい糖、とうもろこしなどを原料として生産されています。

オリゴ糖のうち、砂糖、ブドウ糖、果糖などは小腸で消化吸収されて、
大腸には到達しません。

一方、現在、特定保健用食品として市販されている「オリゴ糖」は、
ヒトの消化酵素ではあまり消化されないので、
大腸に棲息しているビフィズス菌などの餌になり、
その代謝産物として酢酸や乳酸などの有機酸が生成されます。

大腸でビフィズス菌などの有用菌が増殖すると、
有用菌が乳酸、酢酸などを盛んに産生して腸内を酸性にします。

一方、ウェルシュ菌などの有害菌はオリゴ糖をうまく利用できないばかりか、
腸内が酸性になると増殖できなくなるので、
腸内は次第にビフィズス菌が優勢になり、おなかの調子がよくなります。

その結果、便の量が増え、
またビフィズス菌が産生した乳酸や酢酸の刺激によって腸の蠕動運動が活発になり、
便通がよくなります。


食物繊維の効用

食物繊維とは、ヒトの消化酵素では消化しにくい食物性、動物性の多糖体のことです。

食物繊維には、水に溶けないセルロースのほかに、
ヘミセルロース、ペクチン、粘質物、植物ガム、サイリウム、リグニン、キチン、
海藻多糖類など、水に溶けるものも含まれます。

食物繊維が多く含まれる食品としては、
穀類、豆類、イモ類、野菜、種子、果物、海藻、キノコ類が挙げられ、
酵母や細菌の細胞壁にも、1種の食物繊維であるグルカンが含まれています。

食物繊維を多く摂ると、ビフィズス菌が増殖しやすい環境となり、
それによって、ビフィズス菌が優勢になって有機酸を多量に生成し、
大腸内pHが酸性に傾き、便秘を防ぎ、
発がん物質や老化物質をつくる有害菌が増殖しにくい環境となります。

食物繊維はヒトの消化酵素では消化されないので、
胃や小腸を通過し、大腸で腸内細菌により一部利用されます。

消化管内を移動する過程で食物繊維の物理化学的な性質がはたらき、
その結果として、生体内の代謝や生理機能に影響を及ぼします。
 ↓↓↓
TV・雑誌出演のスペシャリストがイチオシ!

☆★天然美通★☆

大豆発行熟成エキス!菌活!

 ↓↓今すぐ菌活はじめちゃおう!↓↓







健康食品・サプリメント ブログランキングへ
↑↑↑
クリックよろしくお願いいたします。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事へのコメント


TV・雑誌出演のスペシャリストがイチオシ!
☆★天然美通★☆
大豆発行熟成エキス!菌活!
 ↓↓今すぐ菌活はじめちゃおう!↓↓

1.png 2.png 3.png 4.png 5.png 6.png