免疫系とは生物が生きていくために自分を守るしくみのことです

免疫の語源である「疫病を免れる」は「ある感染症から回復した人は2度と同じ感染症にかからない」という経験則に由来しています。

初期のうちは、これが免疫の概念でした。

免疫学は、エドワード・ジェンナーが種痘からワクチンを開発したことに始まります。

その後1889年に、
北里柴三郎やエミール・ベーリングが
抗体を発見したことによって急激な発展をとげました。

抗体とは、抗原の注射によって動物体に生産されるタンパク質のことです。

この発展にともない、免疫の概念は初期のものとはかなり変わってきました。

現在では、免疫を、
生体が自分と自分以外を認識し、自己以外のものすべてを排除する反応
と、定義する学者が多いのです。

要するに、免疫とは、拒絶反応のことです。

学問的にはこれでいいのかもしれませんが、
わたしたちの生活においては、この定義では困ってしまいます。

理由はこうです。

免疫系で活躍する白血球には、
多数派の顆粒球、少数派のリンパ球、ごく少数派の単球があります。

このうち、「生体が自分と自分以外を認識し、自己以外のものすべてを排除する反応」にかかわっているのは、
白血球のうち少数派のリンパ球だけなのです。
多数派の穎粒球はかかわっていません。

これでは、多数派の顕粒球は免疫系にかかわっていないことになってしまいます。

一方、病気の状態からもとの健康な状態にもどすのが自然治癒力であり、
その中心ではたらくのが免疫系です。

したがって、学問的定義とは異なるかもしれませんが、
免疫系とは、生物が生きていくために自分を守るしくみ
と、定義したほうが便利です。






今大注目のプロバイオティクスなのですが、
個人的には、
腸内細菌の餌になるといわれるプレバイオティクスに大きな興味を引かれております。
 ↓↓↓
TV・雑誌出演のスペシャリストがイチオシ!
☆★天然美通★☆
大豆発行熟成エキス!菌活!
 ↓↓今すぐ菌活はじめちゃおう!↓↓







健康食品・サプリメント ブログランキングへ
↑↑↑
クリックよろしくお願いいたします。




この記事へのコメント


TV・雑誌出演のスペシャリストがイチオシ!
☆★天然美通★☆
大豆発行熟成エキス!菌活!
 ↓↓今すぐ菌活はじめちゃおう!↓↓

1.png 2.png 3.png 4.png 5.png 6.png