血液は自然治癒力の根源です

血液の流れの改善が、健康につながります。

つまり、人体に備わつている不思議な生命力である自然治癒力を実行するのは、
赤血球や自血球だからです。

だから、自然治癒力の根源は血液です。


血液の役割は3つあります。

1つめは、栄養素と酸素を人体のすみずみに配達すること。

2つめは、傷を修復すること。

3つめは、体外から忍び込んでくる病原体と戦つたり、体内で発生するがん細胞をやっつけること。


人類は、数千年前から血液を生命力の源と考えていました。

古代人は、血液を生命に欠かすことのできない特別な存在として尊重していました。

この結果、すべての古代宗教は血液を神聖視していました。

その代表であるユダヤ教は、
血は命である。血を食べてはならない。
と、聖書に繰り返し記載しております。

人間の命と同じく、動物の命もまた神に属するものであって、
人間がそれを自分のものだとつけあがつてはならないという戒めです。

この戒めを守って、ユダヤ教徒は今でも血液のついた肉を決して食べることはありません。


次に、血液が自然治癒力の根源である証拠をみていこうと思います。

指に軽いケガをしたとしましょう。

ものの数分のうちに血が止まり、血餅(固まつた血)ができます。

数日もたてば、血餅がはがれ落ち、その箇所に新しい皮膚ができて、傷は跡形もなく消えます。

豊富な血液によつて傷が完全に治癒したのです。


これと対照的なのが、重症の糖尿病患者です。

糖尿病が悪化すると、全身の毛細血管がつまつたり、出血したりします。

足の先に血液が供給されなくなると、その部分の細胞が壊死してしまいます。

また、足にほんの少しの切り傷ができても、
治りが非常に遅いため、傷□がうまくふさがりません。

そのうちに傷□から病原体が侵入してしまいます。

壊死した箇所は、病原体にとつて免疫系から逃れるための絶好の隠れ家となってしまいます。

そこを足場にして病原容は繁殖し続けます。

やがで壊疸になり、最悪の場合、足の切断を余儀なくされてしまいます。


上記2例は、自然治癒力の根源が血液であることを如実に物語つています。

自然治癒力を最大限に発揮する条件は、
栄養十分の血液を全身にくまなく供給ることなのです。

血液の流れを改善することが、健康にとって大事な理由がここにあります。




今、プロバイオティクスが大変注目されているのですが、
個人的には、
腸内細菌の餌になるといわれるプレバイオティクスに大きな興味を引かれております。
 ↓↓↓
TV・雑誌出演のスペシャリストがイチオシ!
☆★天然美通★☆
大豆発行熟成エキス!菌活!
 ↓↓今すぐ菌活はじめちゃおう!↓↓







健康食品・サプリメント ブログランキングへ
↑↑↑
クリックよろしくお願いいたします。



この記事へのコメント


TV・雑誌出演のスペシャリストがイチオシ!
☆★天然美通★☆
大豆発行熟成エキス!菌活!
 ↓↓今すぐ菌活はじめちゃおう!↓↓

1.png 2.png 3.png 4.png 5.png 6.png