体内のゴミ処理を担当するマクロフアージ

人体を守る三位一体のうち免疫系のおもな働きは、体内で発生した異物を処理することと、対外から侵入した病原体をやっつけることです。 一つめの、体内で発生した異物の処理を自動車を例に考えてみます。 自動車を毎日運転すると、タイヤがすり減つたり、スパークプラグの点火が遅くなるから、これらを新しい部品に交換します。 これとよく似たことが人体でも起こっています。 たとえば、毛髪は1日…

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加