免疫系で働く細胞たち

免疫系で働くすべての細胞は、血液に含まれています。


血液は、血球(血液細胞)と血漿から構成されています。

血漿は、血液のなかの血球を除いたすべての成分で、血液の6割を占めています。

血漿の主成分はタンパク質で、血液凝固因子など重要な成分が含まれています。


すべての血球は骨髄にある幹細胞からつくられます。

幹細胞は、まだ変化していない未熟な細胞で、
これが成長するにつれて、B細胞、T細胞などの血球に変化します。

このように未熟な細胞が特殊な細胞に成熟することを分化と呼んでいます。


分化によってできた血球が血液の4割を占めています。

血球には、赤血球、白血球、血小板の3種類があります。


赤血球は血液成分の大部分を占めており、
1マイクロリットル(マイクロリットル=100万分の1リットル)の血液当たり500万個もあります。

赤血球は、肺で酸素と結合し、酸素濃度の低い組織で酸素を放出します。

簡単にいえば、赤血球は酸素の配達人です。


血小板は止血するときに重要なはたらきをしています。


白血球は免疫系のいわば主役で、がんや病原体をやっつけるはたらきがあります。

血球が1000個集まれば、そのなかの1個が白血球でです。

また、正常なヒトの血液では1マイクロリットル当たり、5000から1万個の白血球が存在しています。

もちろん白血球の数は、必要なとき、
すなわち感染したときとか、白血病になったときには急激に増加します。

白血球と一ロにいっても1種類の細胞を指すのではなく、いくつもの細胞の総称です。


白血球は、大きく、顆粒球と無顆粒球に分けられます。


顆粒球は、細胞の内部に顆粒(つぶつぶ)をふくんだ白血球のことで、
好中球、好酸球、好塩基球がありますが、その大部分は好中球です。


好中球と好酸球は敵を飲み込み、毒性の強い活性酸素を使って敵を分解して殺します。

この活性酸素は遺伝子にダメージを与えて、変異させる原因となるから、
たとえ敵を撃退しても、感染は人体にとって有害であることに変わりはありません。


好塩基球は、敵を発見し、ヒスタミンを放出して炎症を発生させ、
敵の侵入を全身に知らせるサイレンの役割を果たしています。


一方、無顆粒球は、
細胞内に顆粒をふくまない白血球のことで、単球とリンパ球があります。


これらすべての白血球は、太い骨の内部にある骨髄という器官でつくられています。


単球は血液中では丸いのですが、
成長してマクロファージとなり、体内のさまざまな組織に移動します。

マクロファージは、侵入してきた敵や体内で発生した異物を飲み込んで分解します。

好中球とマクロファージは敵を食べることが主な任務ですから、
両者を総称して食細胞と呼ぶ場合もあります。


リンパ球のはたらき

リンパ球にはB細胞とT細胞とナチュラルキラー(NK)細胞の3種類があります。

B細胞の役割は人体に有害な抗原をみつけ、
これを捕らえる抗体というタンパク質(イムノグロブリン)をつくることと、
敵の二度目の襲撃に対して準備しておくためのメモリー細胞になることです。


T細胞には、
細胞を殺すキラーT細胞、
免疫系で要の役割を果たすヘルパーT細胞、
それに活性化しすぎた免疫系を抑えるサプレッサーT細胞、
があります。


キラーT細胞は、敵に乗っ取られた細胞を敵もろとも殺す「殺し屋」です。


ヘルパーT細胞は、免疫系のボスです。

ボスは、
マクロファージやキラーT細胞を活性化し、
さらにB細胞に命令して抗体をつくらせます。


サプレッサーT細胞は、戦いを終了に導くストッパーです。


ナチュラルキラー細胞は、
文字どおり生まれついての「殺し屋」で、
敵をみつけると単独でころします。





今、プロバイオティクスが大変注目されているのですが、
個人的には、
腸内細菌の餌になるといわれるプレバイオティクスに大きな興味を引かれております。
 ↓↓↓
TV・雑誌出演のスペシャリストがイチオシ!
☆★天然美通★☆
大豆発行熟成エキス!菌活!
 ↓↓今すぐ菌活はじめちゃおう!↓↓





TV・雑誌出演のスペシャリストがイチオシ!
☆★天然美通★☆
大豆発行熟成エキス!菌活!
 ↓↓今すぐ菌活はじめちゃおう!↓↓

1.png 2.png 3.png 4.png 5.png 6.png