腸内細菌と免疫の関係

2017/06/24 19:47
バイオジェニックスの登場以前は 腸内細菌の手助けなしでは腸管免疫系はつくられない と、考えられておりました。 注)腸管免疫 私たちの腸管は、食物を消化・吸収する器官であると同時に巨大な免疫器官でもあります。 腸管は内臓器官ですが、その両端に位置する口腔と肛門を介して外界と接しています。 ところが、バイオジェニックス、特に乳酸菌生産物質は、腸内細菌の助けを借りなくても、腸管免疫に直接働きかけることができます。 まずは、腸内細菌と免疫の関係をご説明いたします。 ..

続きを読む

体内のゴミ処理を担当するマクロフアージ

2016/07/04 12:51
人体を守る三位一体のうち免疫系のおもな働きは、体内で発生した異物を処理することと、対外から侵入した病原体をやっつけることです。 一つめの、体内で発生した異物の処理を自動車を例に考えてみます。 自動車を毎日運転すると、タイヤがすり減つたり、スパークプラグの点火が遅くなるから、これらを新しい部品に交換します。 これとよく似たことが人体でも起こっています。 たとえば、毛髪は1日に70本も抜け落ちては、新しい毛が生えてきます。 また、赤血球の寿命は120..

続きを読む

すべての病気は「白血球」がキーワードである

2016/05/07 03:35
人間の体は一つなのですから、 一つの体の中で起こる病気に関連性がないと考えるほうがおかしいのです。 この関連性は、白血球を中心として見ていくと、大変わかりやすいのです。 白血球と病気との関係を一言で言ってしまえば、 白血球が正常に機能しない、うまく動かないことから、病気が発生します。 言い換えれば、白血球をいつもいい状態にしておくと、すべての病気は防げます。 白血球がうまく働かないということを、 ① 活性が低い、 ② 活性が悪い方向に歪..

続きを読む

免疫系は人体を守る軍隊です

2016/04/27 18:22
第1部隊のメンバーのはたらきをみていきましょう。 体をおおう皮膚は、外敵である微生物が体内に入るのを妨げている、いわば外壁のような存在です。 皮膚から放出される汗は、その酸性によって多くのバクテリアを殺しています。 目は涙腺から涙を出して微生物を洗い流しています。 □から出る唾液には、バクテリアを分解するリゾチームという酵素が含まれています。 鼻毛は、体内に侵入しようとする微生物やほこりを捕らえています。 くしゃみは、敵を体外に吹き飛ばしています。 呼吸器に..

続きを読む

免疫系で働く細胞たち

2016/04/27 17:23
免疫系で働くすべての細胞は、血液に含まれています。 血液は、血球(血液細胞)と血漿から構成されています。 血漿は、血液のなかの血球を除いたすべての成分で、血液の6割を占めています。 血漿の主成分はタンパク質で、血液凝固因子など重要な成分が含まれています。 すべての血球は骨髄にある幹細胞からつくられます。 幹細胞は、まだ変化していない未熟な細胞で、 これが成長するにつれて、B細胞、T細胞などの血球に変化します。 このように未熟な細胞..

続きを読む

もしも免疫がなかったら

2016/04/27 16:46
もし、免疫系のはたらきが極端に低かったら、感染症やがんにかかってしまいます。 エイズ(ヒト免疫不全症候群)は、このことを如実に示しています。 エイズは、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)が原因で起こる感染症です。 感染から数年がたった頃、体内で増殖したHIVが免疫系の司令塔であるT細胞を破壊します。 こうして、免疫系がはたらかなくなってしまいます。 エイズ患者の多くは、カリニ肺炎とカポジ肉腫で死んでいきます。 カリニ肺炎とは、 動物や..

続きを読む

血液を構成するメンバーたち

2016/04/27 16:25
血液は、約1分で全身をめぐる、まさに生命の源です。 血液は、ヒトの全体重の約13分の1(8%)を占めています。 体重60 kgのヒトでは、約4.8リットルの血液が全身を流れています。 血液は赤い液体で、そこにはその細胞成分である血球(血液の約4割)が浮かんでいます。 この血球を取り囲む液体成分のことを、血漿(血液の約6割)と言います。 血漿には、ヒトが生きるのに欠かせないタンパク質が含まれています。 たとえば、出血を止めるための血液凝固因子..

続きを読む

血液は自然治癒力の根源です

2016/04/27 16:08
血液の流れの改善が、健康につながります。 つまり、人体に備わつている不思議な生命力である自然治癒力を実行するのは、 赤血球や自血球だからです。 だから、自然治癒力の根源は血液です。 血液の役割は3つあります。 1つめは、栄養素と酸素を人体のすみずみに配達すること。 2つめは、傷を修復すること。 3つめは、体外から忍び込んでくる病原体と戦つたり、体内で発生するがん細胞をやっつけること。 人類は、数千年前から血液を生命力の源と考..

続きを読む

かぜをひいても治るのは…

2016/04/27 15:46
ヒトには自然治癒力が備わつています。 治癒は、人体の外部からやってきたものではなく、 人体の内部から湧き出る命の泉のようなものです。 傷、骨折、ねん挫、出血などのケガにようて人体の平衡が失われますが、 これらをもとの状態にもどす力が「自然治癒力」であり、「生きる力」です。 病気からの回復の早い人というのは、「生きる力」の強い人と呼ぶことができます。 自然治癒力には、 傷口をふさぐ、骨折した骨と骨をつなぐ、皮膚の破れを元どおりにするといつた修復と..

続きを読む

免疫系とは生物が生きていくために自分を守るしくみのことです

2016/04/27 15:25
免疫の語源である「疫病を免れる」は「ある感染症から回復した人は2度と同じ感染症にかからない」という経験則に由来しています。 初期のうちは、これが免疫の概念でした。 免疫学は、エドワード・ジェンナーが種痘からワクチンを開発したことに始まります。 その後1889年に、 北里柴三郎やエミール・ベーリングが 抗体を発見したことによって急激な発展をとげました。 抗体とは、抗原の注射によって動物体に生産されるタンパク質のことです。 この発展にともない、免..

続きを読む

免疫について たけしの万物創世紀(動画)

2016/04/27 14:34
今大注目のプロバイオティクスなのですが、 個人的には、 腸内細菌の餌になるといわれるプレバイオティクスに大きな興味を引かれております。  ↓↓↓ TV・雑誌出演のスペシャリストがイチオシ! ☆★天然美通★☆ 大豆発行熟成エキス!菌活!  ↓↓今すぐ菌活はじめちゃおう!↓↓ 健康食品・サプリメント ブログランキングへ ↑↑↑ クリックよろしくお願いいたします。

続きを読む

オリゴ糖と食物繊維の効用

2016/04/23 09:37
オリゴ糖の効用 オリゴ糖の効用特定保健用食品として市販されているオリゴ糖は、 砂糖、牛乳、大豆、てんさい糖、とうもろこしなどを原料として生産されています。 オリゴ糖のうち、砂糖、ブドウ糖、果糖などは小腸で消化吸収されて、 大腸には到達しません。 一方、現在、特定保健用食品として市販されている「オリゴ糖」は、 ヒトの消化酵素ではあまり消化されないので、 大腸に棲息しているビフィズス菌などの餌になり、 その代謝産物として酢酸や乳酸などの有機酸が生成され..

続きを読む


TV・雑誌出演のスペシャリストがイチオシ!
☆★天然美通★☆
大豆発行熟成エキス!菌活!
 ↓↓今すぐ菌活はじめちゃおう!↓↓

1.png 2.png 3.png 4.png 5.png 6.png